第4回吉備路の山全山縦走大会あいさつ

                       実行委員長 守屋 益男

 全国の登山愛好家の皆さん こんにちは!
 「吉備路の山全山縦走大会」第1回は、2015年3月に開催し、その後、毎年3月に開
してきました。大会には毎回約20都府県から600〜700名の登山愛好家が参されていま
す。参加者の皆様は吉備路の山々を縦走し、自然と歴史を見聞し、味わい、「この大
をぜひ続けてほしい」という要望がたくさんよせられています。
 その声に励まされ、2018年も「第4回吉備路の山全山縦走大会」を開催いたします。 
 縦走大会が開催される一帯は、古来、吉備の国と呼ばれ、3〜4世紀には大和地方 
に匹敵する豪族が勢力を誇っていた地域で、当地に数多く残る巨大な古墳群がそれを 
物語っています。岡山市新庄下にある造山古墳は大きさでは全国第4位、総社市の 
作山古墳は第13位にランクされます。
 全山縦走コースは、この吉備の国・JR服部駅(桃太郎線)を起点とし、鬼城山(397m)
〜足守〜備中高松竜王山(286m)〜大平山(191m)〜吉備津彦神社〜吉備中山
(162m)と縦走し、吉備津神社に下降する、全長35km、登降差1,400mの里山コース
です。所要時間は山慣れた人で、日の出から日没までの約12時間で完歩することがで
きます。 また、コースが長すぎると感じる方のために、コースを三ヶ所で区切り、短縮・
足守コース18km、短縮・稲荷コース24km、短縮・吉備津彦コース32kmとし、体力に 
応じて誰でもが参加できるようにコースを設定しています。 
 全山縦走の最初に歩く鬼城山(397m)は、古文書の記録にない城跡で、7世紀、朝 
鮮白村江の戦いに敗れた倭国が唐・新羅の侵攻に備えて西日本の要所に築いた古
代山城の一つと推定され、国の史跡に指定されています。現在西門が復元され、その
勇壮な姿を見ることができます。縦走コースは鬼ノ城の城壁跡を周回するように設定さ
れ、吉備の国を見下ろしながら歩きます。
 足守コースの終点・足守は、江戸時代の古民家が数多く残る由緒ある陣屋町で、その
落ち着いたたたずまいを観光すれば一挙両得です。 
 備中高松竜王山は、日本三大稲荷の一つである高松最上稲荷の奥ノ院に当たり、
年初には多数の信者が参詣するところです。コースの終点・高松稲荷グラウンドからの
帰途、高松最上稲荷に参詣し、その南にある「稲荷山健康センター」の秘湯に入浴す
れば、JR備中高松駅又は岡山駅西口への無料バスが利用できます。入浴希望者に 
は受付で「入浴割引券」をお渡しします。 
 三光山(183m)から大平山(191m)にかけての山並は、天正10年(1582)、黒田官兵
衛の策により羽柴秀吉が備中高松城を水攻めした際、秀吉軍が布陣した一帯で、大
平山からの眺望は特に素晴らしく、歩いてきた鬼ノ城から竜王山にかけての山並みが 
一望でき、感動が湧きあがってきます。 
 吉備中山(162m)は古今和歌集(912年編集)に、”まがねふく  きびの中山おびに 
せる ほそたに川のおとのさやけさ” と詠われた山で、山頂近くに「御陵」と呼ばれる
吉備中山茶臼山古墳があります。
 コースの最終は吉備津神社の長い回廊を歩き、神社の石段を下ればゴールインで 
す。 
 自然と歴史に恵まれたこのすばらしいコースを、全国の登山愛好家の皆様にぜひ歩 
いて頂きたいと思います。実行委員会一同、準備万端を整え、皆様のおいでをお待ち 
 しています。
                                             以上 


 TOP 
トップページへ戻ります



inserted by FC2 system